NISAの基本知識や入門情報 | NISA口座ランキング記事一覧

優遇税制が2013年12月末に終了し、新たに導入される日本版ISAを心待ちにしている投資家も多い事でしょう。ISAはイギリスなど海外では既に人気が定着しています。初年度の推定では約500万人の利用が予測されるなど、日本版ISAに興味を持っている人が多くいることは確かです。最大のメリットは利益に対して課税される税金が非課税になる事です。廃止される優遇制度の代替案といってもいいでしょう。日本版ISAは...
2014年から始まる日本版ISA(通称NISA)。この少額投資非課税制度を利用するためには、ISA専用の非課税口座の開設が求められます。その流れについて確認していきましょう。ISA口座開設の受付の開始は2013年秋から!2014年の非課税口座は、2014年1月1日時点で20歳以上であることが条件です。この条件を満たせば、就労形態の如何に関わらず、2013年10月からスタートする日本版ISAの非課税...
最近の証券界では、NISAの話題で盛り上がっています。NISAとは日本版ISA口座のことで、2014年1月から運用が開始される新しい証券口座のことです。これは少額非課税制度と呼ばれる制度で、特に個人投資家が対象になります。現在の税制では、株式投資で得た運用益には20%の税率が設定されています。今は証券優遇税制の適用で税率は10%になっていますが、これは2013年度末をもって廃止されることが決まって...
NISAの弱点イギリスから導入が始まり利用している人達から高評価のISAが、満を持して日本でも導入されるされることになり、証券会社を筆頭にして各金融機関でNISAに関する説明会を開催するなどして、NISAには大きな期待感を募らせています。証券会社のHPでも、NISAに関するメリットを大きくとりあげて紹介いることからも、その期待感が伝わってきます。しかしメリットについての記述が大半を占めていると、反...
イギリスのISAの2つの型イギリスのISAには預金型と株式型の2種類があります。現在イギリス国内の利用者の70%が預金型をセレクトし、運用しています。つまり、株式のようなリスクをともなう資産ではなく、手堅く預金運用をする人が多いのです。意外と感じる人もいらっしゃるかもしれません。預金型が日本には導入されない理由ところが、日本で導入されることになったISAは株式型のみで、預金型はありません。現在、日...
イギリス国民の多くはISAについてよく理解しています。なぜならISAはイギリスが発祥の地だからです。国籍の如何を問わず、イギリスに住んでいる人であればISAの口座を作ることができます。ですからイギリスではISA利用者も層が幅広いのです。こうして、ISAはイギリス金融市場に20兆円以上のマネーをもたらしてくれますので、これがイギリス市場の活力を生み出しているといえます。日本においては、ISAの対象と...
皆さんよくご存じの通り、2013年12月31日までは、上場株式などで配当を受け取ったり、売却益が発生した場合は、税率10%が軽減されています。それが、来年からは復興増税が加わり、計20.147%となる予定です。ここでいう「上場株式など」というのは、コボ株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)を意味しています。選挙の結果によっては、現在の優遇税制が今後延長されるかどうかわから...
日本でこれから導入される小額預金型日本版小額投資非課税制度、「NISA」が導入されるのが目前に迫ってきました。世の中には、この時を待っていたという投資家の人も多くいることでしょう。一方、この小額投資非課税制度自体、いまいちよく理解できていない、と不安に思う人もいるのではないでしょうか。まだ実施されていない制度ですので疑問や不安もたくさんあるはずですから、ここで一度「NISA」について疑問と回答をま...
金融庁では新たに、NISAの複数口座を容認する方針で検討を始めました。NISAとは日本人がより投資にお金を回せるようにと作られた制度で、投資によって得た利益への税金をかけないのが最大の特徴です。従来であれば投資で儲けても税金が多かったのですが、課税がなくなることでより投資しやすい環境が整ったと言えます。しかし当初のNISAの制度では、一つの口座でしかその恩恵を受けることができませんでした。そのため...

このページの先頭へ戻る