預金型ISAが日本で導入されない理由

イギリスのISAの2つの型

イギリスのISAには預金型株式型の2種類があります。現在イギリス国内の利用者の70%が預金型をセレクトし、運用しています。つまり、株式のようなリスクをともなう資産ではなく、手堅く預金運用をする人が多いのです。意外と感じる人もいらっしゃるかもしれません。

 

預金型が日本には導入されない理由

ところが、日本で導入されることになったISAは株式型のみで、預金型はありません。現在、日本人の金融資産は、その55.6%が預貯金です。それを考えれば「なぜ、預金型ISAが導入されないのか」と首を傾げたくなるでしょう。その理由は金利です。金利水準がゼロに近い現在の日本では預金型ISAの必要がないのです。金利がほぼゼロである以上、課税も非課税もそもそもないのですから。

 

日本版ISAにどう対応するか

今後、金利が上昇する可能性はもちろんあるでしょう。しかし、景気が上向いている間は、手堅く預金型を運用するより、リスクをともなっても株式型を利用して利益を上げていくほうがいいのではないでしょうか。預金型の場合、たとえば元本100万円を金利2%で運用すると、非課税になる利益は10年で20万円です。一方、株式運用だとその利益は天井知らずですから、ISA制度のメリットがより大きな意味をもってくるわけです。


このページの先頭へ戻る